生活週間を見なおそう|自律神経失調症の症状と改善方法

第4のがん治療法

医者と看護師

がんはとても怖い病気ですが、現代医学は日々進歩しているので、完治することもできるようになりました。がんの主な治療方法は外科治療と抗がん剤治療と放射線治療の3つが有名です。最近登場した免疫治療が注目を浴びています。この治療法が一般的になれば、今まで治すことが出来なかったがんも完治できるようになるかもしれません。外科治療や抗がん剤治療、放射線治療と組み合わせることで、患者さんの体の負担も減るでしょう。そのため、第4のがんの治療法として期待されています。

免疫治療は全ての人間が持っている免疫細胞を使った治療法です。免疫とは、体内に異物やウィルスが侵入した時に、攻撃を行ない撃退してくれる細胞のことです。この免疫細胞があるおかげで、私たちは健康でいることが出来ます。免疫治療では、最初にがん患者さんの免疫細胞を摂取して、特殊な方法で培養します。免疫細胞を増殖して強化した後、患者さんの患部に点滴で戻すと、強化された免疫細胞はがん細胞を見つけると一切に攻撃を始めます。

免疫治療の良いところは、自分の細胞を使うのでアレルギー反応や副作用のリスクが少ないということです。そして、全ての細胞に攻撃する抗がん剤治療とは違い、異物やウィルスのみに攻撃をして、正常な細胞には攻撃をしないのが特徴です。そのため、患部に直接強化した免疫細胞を注入することで、がん細胞飲みを攻撃することが出来ます。まだ小さいがんにも、進行して大きくなったがんにも有効であることがわかっています。