乱れた生活が引き起こす病|自律神経失調症の症状と改善方法

放置してもいい腫瘍

病院

耳はバランスを保つ神経や外からの音を聞き取る神経があります。聴神経腫瘍になると、急に片側の耳が聞こえなくなり、自分一人でバランスを保つことが難しくなるでしょう。しかしこの腫瘍は良性の腫瘍です。

View Detail

第4のがん治療法

医者と看護師

がんは現代では不治の病ではありません。発見が早ければ完治することも夢ではありません。さらに免疫治療法が登場して、さらに完治の可能性はアップしました。この治療はアレルギー反応や副作用が少ないことが特徴です。

View Detail

信頼できるお医者さん

看護師

体調が悪くなったり、風邪を引いたりすると内科で診察してもらうことが多いでしょう。新宿にも沢山の内科やクリニックがあります。信頼できるお医者さんを探すポイントを紹介します。

View Detail

生活週間を見なおそう

女性

人間の体は常に正常ではありません。ちょっとしたことの積重で、健康障害になったり、ひどい場合は日常生活を送ることができなくなる可能性もあります。そのため、日頃から規則正しい生活習慣とバランスの取れた食事を心がける必要があります。仕事が忙しいからと、睡眠時間を削って働いて、インスタント食品ばかりの生活をしていると、体のリズムが崩れて自律神経失調症になってしまう可能性もあるので注意しましょう。

自律神経失調症の主な症状は、体のだるさ、疲労感、動悸、ほてり、偏頭痛など沢山あります。さらに、精神状態にも影響するため、常にイライラしたり、チョトしたことで落ち込んだり、いつもやる気が無かったたりすることもあります。症状は一言では言い切れないほどあります。これは自律神経が全身をコントロールして、バランスを取るための大事な機能だからです。そのため、自律神経に障害が発生すると様々な症状が発症するのです。

自律神経失調症を治すためには、症状によっても治療法は異なってきますが、正常な生活に戻すことが重要です。交感神経と副交感神経の働きを正常に戻すため、朝は早く起きて夜は十分な睡眠を取るようにしましょう。また、食生活も改善すると良いでしょう。外食は控えるようにして、野菜やフルーツ中心の栄養バランスの取れた食事をするといいでしょう。そして、ストレスのない生活をすることも大事です。ストレスを軽減するためには、適度の運動をすると良いでしょう。汗を流すことでストレス発散になりますし、健康状態も改善するでしょう。